中村学園大学・中村学園大学短期大学部

「マーケティング戦略立案コンテスト『EDGE』-2019」流通科学部生2名が決勝プレゼンで第3位に

2019年11月20日

奈良田梨紗さん()志岐菜々さん()

決勝プレゼン大会の様子

質疑応答に笑顔で答える場面も
11月13日、「マーケティング戦略立案コンテスト『EDGE』-2019」(主催:株式会社マクロミル)決勝プレゼン大会が東京で開催され、流通科学部3年の奈良田梨紗さん、志岐菜々さん(手嶋ゼミ)の2名が参加しました。

このコンテストは、協賛企業6社の実際のビジネス課題をテーマとし、協賛企業からビジネス課題に関連するデータを学生に提供され、学生はそのデータを基に解決策を立案・プレゼンするコンテストです。全国から215チーム、計939名がエントリーし、18チームが決勝プレゼン大会に進み、各企業の審査員の評価により優勝チーム、2位、3位が決定します。

流通科学部3年の奈良田さんと志岐さんは2名でエントリーし、見事、セブン&アイ・ホールディングス部門で第3位となりました。2人は約3ヶ月かけて提供されたデータと自主調査によるデータを組み合わせて立案し、書類審査を通過後、企業の方からのアドバイスを受け、企画をブラッシュアップし決勝プレゼンに臨みました。
企業の方の前でプレゼンする貴重な機会となり、「決勝まで残るとは思ってもいませんでしたが、すべては挑戦することから始まるということを学びました」「他大学生のプレゼンやアイデア、柔軟な考え方に刺激を受けました」と話してくれました。今後は、この経験を活かして、ゼミ活動の商品開発に取り組む予定です。