中村学園大学・中村学園大学短期大学部

UR星の原団地で開催される『星の原やすらぎ食堂』にボランティア参加

2018年8月31日

写真

栄養科学科安武ゼミの4年生は、偶数月の第3.土曜日にUR星の原団地で開催される「星の原やすらぎ食堂」の活動に地域貢献の一環でボランティアとして参加しています。この取り組みは、星の原団地町内会、福岡大学、URの協力で、高齢者やこどもたちの孤食を予防し、地域の交流拠点となることを目的として2016年の夏より開始され、私たち中村学園大学栄養科学部の学生も、同年12月から活動に参加しています。
8月18日に開催されたやすらぎ食堂で、私たちは子供から高齢者の方までの約80名の来場者受付を行いながら、清涼飲料水や缶コーヒーに含まれる角砂糖の個数についてのクイズ、食品表示の見方等について紹介しました。また、一部の来場者には、普段から食事のバランスに配慮できているかを尋ね、昨日食べたものを思い出していただき、食事バランスガイドと照らし合わせながら、食のアドバイスをさせていただきました。そこでは、子供がいる家庭や一人暮らしをされている高齢の方がどのような食事をとっているのか、またバランスの良い食事を食べる際にどのようなことが支障になっているか等について詳しく知ることこがとできました。また、来場者とのコミュニケーションを通して、改めて食に関心を持っていただけたように感じ、非常に有意義な体験となりました。

写真

地域・UR都市機構・大学が連携して継続されている「星の原やすらぎ食堂」は、老若男女問わず、地域の方が触れ合う場となっており、子どもたちが元気に遊んでいる姿や、食事をしながら笑顔で会話をされている姿が印象的で、ささやかながらもそのお手伝いをさせていただいたことは、私たちにとって貴重な経験となりました。

栄養科学部栄養科学科4年(安武ゼミ) 山口紗季、山品 楓、長家珠美

  
HPでは伝えきれないナマの”ナカムラ”を写真や動画でご紹介!!
中村学園大学/中村学園大学短期大学部 公式facebookページ